2017年02月21日

柔軟の必要性

最近、スポーツジムに行ってなかったら、歩幅が狭くなったような気がします。しかもパンツやズボンの脱ぎ履ぎがしんどい。どうも柔軟性が落ちたようだ。「歩幅が大きい人は長生きする傾向」と聞いたことがあるが、歩幅が小さいと寿命短しと感じる。最近、某都の元知事を見ると歩幅が小さい。大丈夫かと心配になります。これは自分に当てはまると柔軟体操を始めました。スポーツジムを辞めてウォーキングを主体(毎日1万km以上徒歩目標)にしていたが、柔軟運動はやっていなかった。
歩幅を大きくして基礎代謝を上げ、長生きすべく?柔軟体操を始めよう。62歳も過ぎて体がかたくなりました。体を動かすこと。重要ですね。柔軟体操も忘れずに(^_-)-☆
【禁煙5年超の最新記事】
posted by Ada | Comment(2) | 禁煙5年超
この記事へのコメント
 ご無沙汰しておりました。私の禁煙も丸6年を過ぎました。近年は筋力の衰えの方が問題になってきているようで、故障防止も兼ねて、この冬はウエイトトレーニングを重視した練習を行っています。学生時代以来、実に20年以上のブランクを経ての実施ですが、40代後半であれば筋力強化できる余地は十分あるというのが一般論のようです。また今年も100m12秒台キープ、出来れば15年ぶりの12秒台前半突入を目標にして、頑張っていきたいと思います。
Posted by 不届きランナー at 2018年01月21日 15:53
ランナーさん、コメントありがとうございます。最近ブログの更新が滞っているので申し訳ない気持ちです。
さて、ウエイトトレーニングが20年ぶりとは驚きました。考えてみましたら短距離とウエイトトレーニングは賛否両論あるのでしょうか。故障防止も兼ねてというのは私は良いのではないかと思います。
私は痛が悪くなり、調べてて行き当たったのですが、ボルト選手は大腰筋・腸腰筋が発達しているのですね。筋肉はあって悪くないのではないのでしょうか。ただ、これら筋肉はインナーマッスルなので鍛え方が難しいのかも知れません。
私の腰についてはいろいろありましたが改善しました。柔軟性はさぼっていたら、さらに歩幅が狭くなったような気がします。ランナーさんのお話を聞くと刺激を受けます。ストレッチやウォーキングを頑張らねばと思います。
ランナーさんは目標をしっかりと持たれているから素晴らしいと思います。目標に向かって頑張ってください。



Posted by Ada at 2018年01月22日 10:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: