2013年11月15日

禁煙914日目 久しぶりにストレッチ

スポーツジムに行かなくなってストレッチしなくなった。ストレッチとは言っても柔軟性アップだ。運動は会社帰りに時々歩いているのだが、歩く前のストレッチはしていない。で、どうも歩く歩幅が少し小さくなったような気がしてストレッチしてみた。すると、ガーン! 以前ほど伸びない。筋が張って伸びないのだ。これだと体を大きく動かせない。若いときは良いが、もう還暦を迎えようとする自分には普段からストレッチなどしていないと、体はどんどん硬く衰えていく。以前の目標は180度のまた割りができることであったが、目的は達成していない。そこまではならなくても、最低現状を維持できなければならない。これは頑張らねば・・・。ついでにサボりがちの腹筋と腕立ても。歳とっても元気で居られるには、これらが大切かなと思っている次第です。
posted by Ada | Comment(2) | 禁煙2年超
この記事へのコメント
 私は現在オフ休養中ですが、筋肉の柔軟性の維持がポイントになります。実は元々股関節が硬く、最近はさらに柔軟性が落ちてきたような気がしています。それが度重なる故障につながっているのかも知れません。普段からストレッチを継続することで、練習再開後の故障も防げると思いますね。
Posted by 不届きランナー at 2013年11月22日 22:46
ランナーさん、仰るとおり、ストレッチは重要と思います。
しばらく何もしていないと筋(すじ)が硬く張っているような感じで、伸びないのです。無理するとプチッと切れそうな感触なのです。まるで古く伸びない輪ゴムを伸ばそうとするとプチッと切れるのに似たかんじです。
古く固まらないように、ストレッチで少しずつ伸ばしていると良さそうです。
Posted by Ada at 2013年11月25日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: