2018年06月11日

ブレーキ踏み間違いについて

ネタが少なくなってきましたので、禁煙、減量、以外のネタもTwitter風に書こうと思います。
タイトルも「他」というのを追加しました。

最近、ブレーキ踏み間違いのニュースをよく聞きます。
間違えてアクセルを踏むためです。これは分かるような気がします。
車が悪い!!

最近の車はアクセルが中央寄りになっています。
私たちはブレーキペダルは中央にあると思っています。
右からアクセルペダル、ブレーキペダル、フットレスト(ない車もある)と並んでいるからです。
慌てるとブレーキがある(と思っている)真ん中ペダルを踏もうとします。
しかし、ここにはアクセルがあるのです!!

スマートキーの場合、エンジン始動はブレーキを踏んでスタータボタンを押しますが
私は何度かアクセルを踏みながらスタータボタンを押していたことがあります。
アクセルが中央寄りだからブレーキと間違えてしまうのです。

これは困ったもので、アクセルペダルはもっと右寄りに配置してもらいたいと強くつよく!願っています。
FF車が増え、足元スペースが狭くなったからと言われますが、工夫次第でアクセルはまだ右寄りに配置できるはずです。エンジンルームとの制約があるのならL型やZ型アームを使っても良いのではないかと思います。

マツダ車は前輪位置を前に出し足元スペースを拡げ各ペダルを適正位置に置くことによって
ペダル踏み間違い死傷事故の発生件数が、86%も減少したと言われます。このことでもブレーキ踏み間違いは人のせいでなく車のせいだと思えます。
ここまでやればベストですが前輪位置を前に出さなくてもアクセルペダルをもう少し右寄りに出来るはずです。そして中央にはブレーキペダルを配置します。
さらにアクセルペダルはとても小さく、ブレーキペダルはとても大きくして欲しいところです。
車メーカーは是非配置等を研究してもらいたいです。

FF車はつい最近のことではない。AT車も最近のことではない。何故こうなったか?
車作り、悪いんじゃない?
アクセルは右側に配置しようーよ〜。慌てて足を真っすぐ出した時、ブレーキペダルに当たるようにしようよー!

ちなみに今のペダル配置では危険なので、踏み間違い防止機構の付いた車にしました。
ついでに衝突防止機構もついています。マツダ車のことは後で知りました。
歳をとったこともあるので安全機構重視です。

タグ: ブレーキ
posted by Ada | Comment(0) |

2018年06月27日

飲むだけで痩せる???

「飲むだけで痩せる・・ことはない!」と言われています。
「ダイエットは、食事摂取カロリー < 運動消費カロリー」が定説です。
飲むだけで痩せるサプリメントはまがいものと思っています。商売に利用されているだけ。

しかーし☆☆☆、飲むだけで痩せる・・・薬はありました。驚きです。

その正体は、糖尿病治療の「SGLT2阻害薬」です。実際の名前はメーカーにより色々あります。
これは従来の糖尿病治療薬と仕組みが異なる薬(補足1)で、余剰な糖を尿と一緒に捨てる新しい発想の薬なのです。
「糖尿病」なのに「糖を尿に出させる」のは変ですけど(^^)ゞ
それが体重減少の効果も期待でき、高血圧・高コレステロール・高尿酸にも良いらしいのです。
全て揃っている私にピッタリではありませんか(@_@)

発売時期を調べると、2014年4月販売で処方制限期間を過ぎ、2015年5月に安全性が認められ処方制限が解除されました。
今回、主治医に進められて飲むようになりました。今後の結果が楽しみです。
健常者がダイエット目的だけでも効果はあるようですが、副作用もあるので、医者と相談して服用しなければなりません。
私は保証いたしかねますので医者と相談よろしくお願いします。
もちろんこれに甘えて食事制限緩和や運動不足は良くありません。これらも少しづつ良くして行こうと思っています。

(補足1)
糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンの低下によって、糖をエネルギーに変えられず、血糖値が上がる病気です。
従来の薬は「インスリンを増やしたり働きを高める」薬でした。
これに対し、GLT2阻害薬は、インスリンは関係なく、余剰な糖を捨てる、仕組みが異なる薬です
考えてみるとインスリンの低下? 本当に? そうでなく糖の取り過ぎでは? 運動不足では? は大きいと思います。この薬なら解決しそうです。
posted by Ada | Comment(0) |

2018年07月20日

車のヘッドレスト前傾

最近の車のヘッドレストはやけに前傾しています。
これが最近の安全基準なのでしょうか。
私の場合、頭を押さえつけられて顔が下向きで上目遣いで運転することになります。
眼鏡をかけているので当然メガネのフレーム上からはみ出して見ることになります。

ヘッドレストは頭部後傾抑止装置と言い、追突時のむちうちを防止する目的のものですが、
これって背もたれをかなり倒して運転する時に合わしていませんでしょうか?

「後面衝突頚部保護性能試験」の動画では背もたれが倒れた状態になっています。
私はこんなに背もたれを倒して運転しません。
若い頃は背もたれを倒して寝るような姿勢で運転していたことがあります。当時これがカッコよかったのです。
しかし、今は背もたれを立てて運転しています。背もたれを立てて深く座る姿勢が腰痛などに良いのです。

そすると最近のヘッドレストに頭を当てると顔が下を向いてしまうのです。

追突時のむちうちの危険と眼鏡から外れて運転する危険とどちらがリスクが大きいでしょうか。
もちろん眼鏡から外れて運転する危険はとても大きいです。
頭部後傾抑止装置は他のもっと大きな危険を配慮しないのかとあきれてしまいます。
自己中心すぎます。

眼鏡から外れて運転するのは危険なので、結局、背中をシートにつけずに運転しています。
これも良くないのですが、自己中の頭部後傾抑止装置のせいです。高さ調整してもどうにもなりません。
困ったものです。
もっと危険を総合判断して作ってもらいたいものです。車のメーカーさん!
今のヘッドレストは追突された時の危険より他の危険があまりに大きいです。
自分が追突するかも知れません。
再度言います。今の自己中ヘッドレストはとても危険です。

再度言います。今の自己中ヘッドレストはとても危険です。
私なりの見解で勝手な意見でした。
タグ:
posted by Ada | Comment(3) |