2013年02月06日

禁煙630日目 正月太り

正月から1カ月以上経って、正月太りの解消がまだできていない。正月で2kg弱ほど太ったが、この程度なら大丈夫と趣味の方を優先し、運動はのんびりペースとなっている。他の人も正月太りがあると聞いて少し安心した。
ジムではやったことのない器具を使ったり、未参加だったエクササイズに参加している。先日、パワー系エクササイズに参加したら、太ももに筋肉痛が出たので、太ももを鍛えるのが不足しているのが分かった。このエクササイズはバーベルを担いでスクワットをやったりバーベルを上げる運動など。このエクササイズはまた出てみよう。
posted by Ada | Comment(4) | 禁煙1年半超

2013年01月09日

禁煙600日過ぎ 節目に

禁煙して600日をちょっと過ぎた。状況は前にも述べたように、禁煙しているという感覚はもはやない。吸いたい気持ちも起こらない。先日かなり久しぶりにタバコを吸う人に出会った。煙の臭いを嗅いでも何ともなかった。また、煙の臭いが嫌ということもない。どこか他人事であった。最近はタバコを吸う人に会うのも珍しい。知人で何人かはタバコを吸うが、目立たないよう気遣いされているいようだ。自分が吸う側だったら、そういう気遣いが徹底できないかも知れない。やめて良かった。
減量の方は、正月休みでジムや運動は休止していたが、やや太っただけであった。結構食べたつもりではあるが、思ったより増えていない。その後、仕事が始まってから太った。1時間以上ウォーキングをしているのにである。どうやら仕事時の昼飯が問題のようだ。外食だが、定食のご飯は「小」にしなければならない。正月休みのおかげでそれが分かった。
posted by Ada | Comment(7) | 禁煙1年半超

2012年12月07日

禁煙570日目 減量限界?

停滞期から体重が減り出したと思いましたが、減ったり増えたりしながら、そんなに変わりません。
フラフ.gif
家で測る体脂肪率も前回測定より高い。測定器の誤差範囲ではない。前回測定では水を測定前に飲んでいたかも知れない。
つまり停滞期ではなく、今の減量方法での限界か。ジムのランニングでは速度を早くしたり、水泳では距離を延ばしたり、筋力トレーニングでは重量を上げたりしているが、いずれも僅かなのか。もっと上げなければならないのか。
もしかしたら食べる量をもっと抑えなければならないか。
いずれも正しいであろうが、いずれもこれ以上は難しい。特に食べる方は、我慢をやめようかと、くじけそうになる。食後にいつも感じるのは「あ〜お腹がすいた」だ。夜は、起きていたら間食しそうなので、早く寝たりする。食べてすぐ寝るのは良くないが、起きてて間食するも悪し。
現在ピンチではあるが、なるべく冷静に対応を考えよう。
posted by Ada | Comment(4) | 禁煙1年半超

2012年11月27日

禁煙560日目 減量変化

減量は停滞期に入って約2カ月。ようやく減少の変化が見られました。そこでインボディ測定をやりました。結果、何と! グラフの山の形が良いかんじになりました。(図参照)
筋トレとインボディ記録ab-s.jpg
上がジム通い当初(約7カ月前)、下が現在です。赤い線で山が右に出っ張るのが良いそうです。うまく筋肉を落とさず体重や体脂肪を落としています。実際は減量すると脂肪と筋肉が同時に落ちるので、逆に筋肉をつけたと言った方が適当かも知れません。グラフの形は大変良い方向です。(グラフには数値も載っていますがここでは消しています。) 後はもう少し体重と体脂肪を落とさなければなりません。良い形になって、がぜん、やる気が出てきました。
posted by Ada | Comment(0) | 禁煙1年半超

2012年11月16日

禁煙550日目 禁煙1年半

禁煙して1年半が経過しました。ここまで来ると「おめでとう」という気持ちもなく喫煙しないのが当たり前の状態となりました。全く吸う気持ちもありません。また吸っている人を見かけることも少なくなったので誘惑もほとんどありません。まあ見かけても何ともありません。吸う人は、吸う場所が限定されてきていますから、見かけることも少ないのでしょう。そうするとやめてて良かったと思います。中途半端にタバコを我慢できなかったからです。「いっそ吸えないなら吸わない方が・・・やめた方が良い」です。良かった良かった。
禁煙太りの方は解消しているのですが、元々が軽肥満だったので減量ついでにもっと、標準体重・標準体脂肪率まで目指しています。減量当初は標準体重まで戻すのは無理と思っていましたが、やればできることを実感しました。
周囲からは、「(痩せて)貧弱に見えるようになった、もういいんじゃないか。」と言われますが、まだ標準体重まで減量できていません。標準体重とは、よほど細身でガリガリなのかと感じます。なおBMIでいう標準体重は、統計的に生活習慣病にかかりにくい体重をいい、人毎に真に適正な?体重とはちょっと違うのかもしれません。違うかも知れませんが、ひとつの目安としてそこまでの目標を定め、頑張りたいです。それにしても停滞期約2カ月・・・ほんと停滞期かな?・・・いずれにしても下げ止まりに会っています。
posted by Ada | Comment(2) | 禁煙1年半超

2012年10月30日

禁煙532日目 変化

減量、筋トレ、柔軟により、最近感じている変化を記します。
・ズボンの胴囲はバランス的にでかくなった。ベルトは余り過ぎ。パンツはぶかぶか。しかし今のところ洋服などは買い換えていない。
・ガラスに映る横姿が、お尻が小さくお腹がへこみ、立ち姿が綺麗に見えるようになった。
・ウエストが見えるようになってきた。昔、太ってきた頃、お腹だけでなく横が出てきたが、今はその逆をいっているかんじ。
・水泳パンツの裾が半ズボンみたいにゆるゆるになった。
・腕や腹の筋肉が少し見えるようになった。
・背中で両手がつなげるようになった。
最近の変化の少ない点も記します。
・体重は停滞期?で最近あまり減らない。なおBMIや体脂肪率はまだ軽肥満。
・腹囲は体重に比べてあまり減らない。
・股割りは目に見える効果、今のところ、なし。
・水泳は距離が延びたか?
 →水泳だけやっているわけではないので半年の経験の割には距離は伸びていない。
・ウェイトトレーニングは、より重たいものを使用できるようになったか?
 →重量アップは僅かしかない。
感想
痩せるときは、脂肪と筋肉と均等に落ちていく。脂肪だけが落ちるわけではない。脂肪と筋肉は体全体から落ちていく。つまりお腹など局部的に落ちるわけではない。
筋トレはかなりたくさんやらなければ筋肉を増やすのは難しい。つまり脂肪と筋肉が同時に落ちるので、筋肉を増やさなければ、脂肪だけがおちた状態にならない。
筋肉を増やすよう、そして柔軟(股割り)、泳距離アップ、トレーニング重量アップと課題を見つけているので頑張ろう。
posted by Ada | Comment(0) | 禁煙1年超

2012年10月12日

禁煙514日目 ジム再開

最後にジムに行って以来、13日ぶりにジムを再開した。間が空いたが、嬉しいことに体重はやや落ちていた。筋トレによる基礎代謝量アップのおかげか。効果は後からやってくるおかげか。再開しても、しばらくは体重は落ちないかも知れない。が、後からやって来るので、淡々とやって行こう。
嬉しいことが、もうひとつあった。肩の後ろで手が組めるようになった。両方ともだ。柔軟性も後からやって来るのか? 股割もいずれ出来るに違いない。が、あせらず淡々と柔軟体操もやって行こう。
筋トレは腹筋、上半身に続き、下半身も強化したくなった。下半身を鍛えた方が筋肉が多いので基礎代謝量をアップさせやすいとの話もある。スクワットを取り入れよう。いずれバーベルスクワット(実際はスミスマシン)にも挑戦してみたい。器具が空いていなければダンベルスクワットでも良いかもしれない。課題は多い。
posted by Ada | Comment(2) | 禁煙1年超

2012年10月05日

禁煙508日目 ジム中断

ある症状が出て、疲労の貯まることが出来なくなりました。その症状は、肉体的・精神的な疲労などにより出る症状らしい。考えられる疲労はジムしかありません。若くないのに根詰め過ぎたかも知れません。そのためジムはしばらく(3週間くらい)休止です。減量停滞期がいつまで続くか実験したかったのですが、それは無理となりました。投薬していますが普段の生活や仕事には支障がありません。
前ブログでの「好きになったこと」とは、股割りです。つまり柔軟性の強化。スタジオプログラムでハイキックが出来なかったことがキッカケです。柔軟性強化により、可動範囲が広がることで、そして筋肉の伸縮が容易になることで、基礎代謝がアップしないか期待があります。基礎代謝がアップすれば当然減量になります。
とりあえず家で、柔軟運動をついでに自重筋トレをやっています。
posted by Ada | Comment(0) | 禁煙1年超

2012年09月28日

禁煙501日目 減量停滞期

ついに来ました。減量の停滞期。2週間以上減量が停滞しています。
停滞期というのは聞いたことがある程度でした。ついに来たようなので調べてみました。
停滞期は、体が飢餓状態と判断され、少ない栄養での吸収率が良くなり、消費エネルギを減らす体の防衛反応・生存本能のようです。これはホメオスタシス効果といい、ギリシャ語で、同一の(homeo)状態(stasis)のこと。ある期間これが続くと、体は「飢餓ではなかったんだ」と判断し、減量に再突入できるようです。これを繰り返すうちに本当の減量が成功すると言われます。停滞期間は人によって様々なようですが、1カ月前後かかる場合があるようです。このときに減量を諦めると吸収率が良いのでリバウンドが起こるようです。減量というのは長い期間で考えなければなりません。
なお、減量終了とするときは、最低でも1カ月はその体重をキープするよう努力しなければならないようだ。ホメオスタシスのリセットだ。これは重要なポイント。
たんたんと現状の減量対策を続けよう。幸い水泳は好きなので続けられます。他にも啓発を受けて好きになったことがありますが、次回へと続きます。続けることが重要です。
posted by Ada | Comment(0) | 禁煙1年超

2012年09月27日

禁煙500日目 キリ番

禁煙は500日目となりました。おめでとー、パチパチ。
既に述べているように喫煙は遠い昔のように思えています。もちろん我慢していることはありません。吸わないのが当たり前の状態です。禁煙300日前までは苦しさから解放される桃源郷は訪れないかも知れないと思っていましたが、桃源郷は300日から遅れて40日後に訪れました。苦しさはやがて終わるのですねぇ。良く耐えたと自分でもビックリしています。苦しさから解放されるまでの状況をグラフにまとめておきます。
禁煙日記グラフ2.gif
我慢はしていないと言いましたが、タバコでなく、好物の、甘いもの(パン、お菓子)、ラーメン、ビール、油もの食事など我慢しています。食べたーい。飲みたーい。しかし、減量に良くないので控えています。厳しいです。発泡酒(糖質控えめ)はときどき飲んでます。ささやかな贅沢です。しかし、これまでの減量5カ月10kgは、良く出来たと我ながら感心しています。
おめでとうー、パチパチ。
posted by Ada | Comment(0) | 禁煙1年超